Information

【重版】大好評!!米津祐介『クレヨンブック―プロから学ぶ、楽しく描く―』(誠文堂新光社)が待望の重版です!!

23
6月

ちょっとイラストを描いてみたい。しかし鉛筆やペンだと画力が必要。水彩や色鉛筆だと技術も必要。そこで、簡単に描ける画材として「クレヨン」を取り上げ、ダイナミックなタッチで描いていく手法を、現在、海外でも人気の若手イラストレーターの筆者が、クレヨンの使い方や描き方などを、わかりやすく解説します。
Amazonをはじめ、各書店様にて好評販売中です!
https://amzn.to/3d5596u

本書は、初心者からプロを目指すイラストレーターまでを対象として、クレヨンで描くポイントを、ビジュアルメインに構成し、見るだけでも簡単に理解できるようになっています。
 まず前半では、初心者にも描きやすいモチーフからはじめ、画材の特長を習得し、クレヨンの使い方に慣れることを目標としている。また、お手本となる作品を豊富に掲載し、著者の作品を模写することで次第にモチーフの捉え方やデフォルメのコツをつかむことができます。
 後半では、中級者や上級者を対象とした技術的な解説も充実。質感の出し方やディテールの表現など、段階を追ってわかりやすく説明をしている実践的な技術書です。



米津 祐介(ヨネヅ ユウスケ)
1982年東京都生まれ。長野県在住。東海大学教養学部芸術学科デザイン学課程卒業。2005年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展への入選をきっかけに絵本作家として活動を始める。2007年に初の絵本『Bye‐Bye Binky』(minedition)を出版。以後、多くの絵本を創作し、ヨーロッパ各国、ロシア、アジア、アメリカなど、世界中で出版されている。日本でも『のりものつみき』(講談社)を皮切りに、しかけ絵本が次々と出版され、そのデザイン性、クオリティの高さで人気を博している。また、様々なステーショナリーグッズを展開するなど、イラストレーターとしても活躍の場を広げている。
http://yonezoo.com/



商品名:クレヨンブック
著者名:米津 祐介
出版社:誠文堂新光社
判型:B5変(縦220mm×横182mm)
ページ数:128
ISBN:978-4416212325

ページの先頭へ