イラストノートpremium 特集:窪之内英策のスケッチノート

最新号

イラストノートpremium 特集:窪之内英策のスケッチノート

特集:窪之内英策のスケッチノート

イラストノートpremium 特集:窪之内英策のスケッチノート

丸ごと一冊「窪之内英策のラクガキ集」

稀代の描き手、窪之内英策はとことん手描きの作品にこだわって描き続けています。
1980年代後半を舞台に描かれた漫画「ツルモク独身寮」の作者であり、現在では漫画制作からイラストレーションに活躍の場を広げています。
淡くキュートな女の子のイラストが真骨頂。
独特のやわらかなタッチや色彩で描かれる手描きの生み出される唯一無二の表現は、世代や性別を超え多くのファンを獲得しています。

本書では、その圧倒的なテクニックを駆使した窪之内の最新の仕事やオリジナル作品をデッサンを中心として大量に紹介。
ファンのみならず、イラストレーターを目指す人、画家を目指す人、キャラクターデザインを目指す人、漫画家を目指す人、必見の内容にて展開します。

■概要
●EISAKU KUBONOUTI ART WORKS
窪之内英策氏の最新作を中心に、線画作品をふんだんに掲載。
窪之内氏の手から生み出される唯一無二の作品を、カテゴリーに分け、それぞれにご本人の解説を交えて紹介する。
女の子を描く/子どもを描く/海外の人たちを描く/おじさんを描く ほか

●ONE PIECE×EISAKU KUBONOUCHI(日清カップヌードルCM「HUNGRY DAYS ONE PIECE編」)
カップヌードルのアニメーションCM「HUNGRY DAYS」で、漫画「ONE PIECE」のキャラクターたちが現代の高校生だったら?という設定で窪之内氏がキャラクターデザインを描いた。
海賊団「麦わらの一味」をはじめ、主要キャラクターのデザイン画やCM原画を窪之内氏の解説とともに大公開。

●窪之内英策 独占ロングインタビュー 「紙と鉛筆で死ぬまで描く」
アナログでの描写にこだわり続けることの意味、モノクロの線画の絵の魅力、一本の線の意味、描くことの原点など。

●Q&A「窪之内英策に聞く20のこと」

■窪之内英策/KUBONOUCHI EISAKU
Profile
1966年高知県生まれ。高校卒業後、家具メーカーに就職して上京。1年後、漫画家になることを決意して退職。
1986年に小学館の新人コミック大賞を受賞し『OKAPPIKI EIJI』でデビューを果たす。
1988年より初の連載『ツルモク独身寮』がスタート。
『ショコラ』『チェリー』などの人気作品を発表する中、2010年に漫画家活動を休止。
休止中にTwitterにアップしたイラストが話題となり、現在CMやアニメなど多ジャンルで活躍中。


定価(本体+税): 2,200 円+税
ISBN:978-4416621110
2021年7月15日発売

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

「#FUN ART stage」は、『若手アーティストの新たな活躍の場を創造したい』という思いから生まれたプロジェクト。
まだまだコロナ禍でリアルな展示や作品発表の場は減っている一方、オンライン化しているからこそ「ワクワクするもの」「魅力的なもの」をどこにいても、たくさんの人と共有することができます。
そして、プロ・アマの垣根を超え、様々な人がコミュニケーションをとり、混ざり合うことができる時代でもあります。

今回、本プロジェクトに賛同いただいたアーティストGReeeeNとタイアップをし、2022年春にリリース予定の新曲メインビジュアルを募集することとなりました。

日時:2022 年 1 月 22 日(土)・23 日(日) 各日 11:00〜18:00/場所:東京ビッグサイト西 1・2 ホール


日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営する株式会社クリーマ(本社:東京都港区、代表取締役社長:丸林耕太郎、以下クリーマ)は、2022年1月22日(土)・23日(日)の2日間に渡り、「ハンドメイドインジャパンフェス冬(2022)」を東京ビッグサイトにて実施いたします。開催に先立ち、11月29日(月)より、各種チケット販売サイトにて、前売りチケットの販売を開始いたします。
公式HP:https://hmj-fes.jp/


公益財団法人 日本交通文化協会(東京都千代田区、理事長:滝 久雄)と徳島空港ビル株式会社(徳島県板野郡、代表取締役社長:森本 義雄)は、徳島阿波おどり空港旅客ターミナルビル3階出発ロビーに、大型ステンドグラスのパブリックアートを設置します。設置に当たっては、一般財団法人日本宝くじ協会の「社会貢献広報事業」の助成を受けています。

新たなシンボルとなるステンドグラスは、日本交通文化協会が設置するパブリックアートの550作品目となります。地元・徳島出身の漫画家である竹宮惠子氏が原画・監修を務め、約2カ月かけて、オリジナルの原画を描き下ろしました。タイトルは、『ZOMEKI - 悠久の二拍子 -』です。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『ロレンツォのドローイングチュートリアル vol.2』を全国の書店を通じて刊行します。

本書は、漫画家、アーティスト、クリエーターのためにエザリントン兄弟が立ち上げた無料のオンラインチュートリアルの中から一部を抜粋しまとめた書籍『How to THINK When You DRAW』シリーズの第2巻日本語版です。

百科事典のように数多くのイラストの描き方を取り上げる本書の特徴は、「どんなに複雑なイラストでも、とことんシンプルに単純化して考え、描く方法を解説する」というものです。つまり描き方の原点(本質)を解説した書籍です。

作品の第一印象は、約6割が「色」で決まると言われています。
配色はビジネスに活用できる重要なファクターで、理にかなった配色設計を行ったり、配色を言語化してクライアントに説明したりすることも、デザイナーの大きな役割です。

本書では、日本全国有数のアートディレクター・デザイナーの、配色センスが優れたポスターやフライヤーなどの広告デザインを徹底解剖!メインカラー別に350点以上収録しています。

・amazon
https://amzn.to/2ZX4fp0

・誠文堂新光社
https://www.seibundo-shinkosha.net/book/art/67516/

この度 ALでは3年ぶりとなる北山雅和による個展「TYPOGRAFFITI 3 - INDUST “REAL” -」を2021年12月2日(木)から12月15日(水)まで開催いたします。ミラーや透明アクリルという代表的な素材をはじめ、新たにアルミニウムを用いた作品を発表します。鮮やかな彩色、多様な素材で展開されるタイポグラフィティ・シリーズの最新作。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)レジデンシーは、アート、デザイン、建築、キュレーションといった創造的分野で活躍する世界中のクリエーターに対し、滞在制作やリサーチ活動を行い、交流する場を提供しています。新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、海外からのクリエーターのほとんどが滞在延期を余儀なくされている中、今回のオープン・スタジオでは、TOKASレジデンシーに滞在する前谷開と、オンライン・レジデンスに参加中のルーベン・デルスが制作やリサーチの過程を展示・公開します。

9月に開催中止となった外苑前蚤の市第4弾を開催いたします。時はクリスマス。宝探し気分のクリエイターズガレージセール。古いものがお好きな方、ものつくりのタネをお探しの方、ギャラリー巡りの途中の方もどうぞひと休みしにいらしてくださいね。

ちふれグループのちふれホールディングス株式会社(本社:埼玉県川越市、代表取締役社長:片岡 方和)と株式会社ちふれ化粧品(本社:埼玉県川越市、代表取締役社長:中村 俊彦)は、デザインの世界を目指す方を対象としたデザインコンペ「CHIFURE DESIGN COMPETITION 2021」最優秀賞作品を採用した商品を、2021年12月7日(火)から順次、全国のドラッグストア、スーパー、対面量販店、直営店、ちふれオンラインショップ、ちふれ公式出品のECモール等にて数量限定で販売いたします。

※一部店舗ではお取り扱いがございません。また、店舗により発売日が異なります。
※ちふれオンラインショップおよび、ちふれ公式出品のECモールでは11月19日(金)より順次先行販売いたします。

■「CHIFURE DESIGN COMPETITION 2021」
・特設サイト:
https://www.chifure.co.jp/design-competition2021/

応募期間:2021年10月14日(木)(日本時間12:00)〜2022年1月31日(月)
(日本時間23:59まで) 日米同時開催!!

 『ポケモンカードゲーム』を開発する株式会社クリーチャーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中宏和)は、The Pokémon Company Internationalとの共催で、『Pokémon Trading Card Game イラストレーションコンテスト 2022』を日米同時開催します。

過去のインフォメーションを見る

  • 第9回ノート展キャラクター部門 作品募集
  • 第21回ノート展 作品募集
  • イラストノート 読者プレゼント
  • Creator's Map
  • イラストレーター中村佑介さんにQ&A
  • 求人ノート
  • Creator's Value
  • 子供の科学
  • 広告のお問合せ
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ