イラストノート No.38

最新号

イラストノート No.38

かわいいを描く

イラストノート No.38

ゆるりとした線で描かれた愛らしい動物たちや女の子。
また、妙に気になるお茶目なキャラクター。
そして、お花や風景など、自然をモチーフにした やさしいタッチのイラストレーション…。
今、いろんなシーンで、 かわいいイラストレーションが大活躍しています。

今号のイラストノートは、自由な感性で 今を表現するイラストレーターをピックアップ。
描き方のテクニックや作品をふんだんにご紹介します。

特別企画:にのみやいずみのイラスト練習帳


著者名: イラストノート編集部
発売日: 2016/4/23
判型: [ 縦 : 285mm ] [ 横 : 220mm ]
ページ数: 144
定価: 1, 800 円+税

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

2016年7月22日(金)- 8月3日(水)11:00-19:00 毎週木曜休


和紙の上へ墨汁を走らせるように描く、茂本ヒデキチ氏。毛筆の特長を十二分に活かしながら、墨色の濃淡を織りまぜて美しく、時に紙へ殴りかかるように激しく、また墨の滴下も点描画のような味わいとして援用し、大胆かつ繊細に仕上げられるユニークな画法で知られています。アスリートやダンサー、侍、カーレースなど、しばしばモチーフの「動き」が絵の主題に。それらの輪郭は明瞭でなく、流れるようなその筆致に溶け落ちていますが、茂本氏の眼で捉えられた人のパッション、モノのエネルギーは、彼の体躯と腕のストロークに乗り移り、紙にアウトプットされて見るものの五感へ強烈な印象を残します。

27歳から絵の勉強をはじめて5年…
様々な方に助けて頂き、勉強を続けて来られました。
このたび初めての展示をさせて頂ける事になりました。

絵をはじめるスタートも遅く、とても未熟な私ですが、誰か一人でも
「私も何かやってみようかな」
そう思って頂けるような展示にしたいと思っています。

"If nothing is done, nothing happens."
「なにもしなかったら なにもおこらない」

文化庁日中韓学生アニメーション共同制作等事業「日中韓学生アニメーションフェスティバル2016」の開催のご案内

東京藝術大学大学院映像研究科は下記の日程におきまして、「日中韓学生アニメーションフェスティバル2016」を行う運びとなりました。文化庁の「日中韓学生アニメーション共同制作等事業」として、日中韓のアニメーション文化の将来を担う若い制作者たちの交流と教育機関のネットワーク構築を目指します。
一般公開のフェスティバルは日頃目にする機会の少ない中国・韓国のアニメーション作品上映や、豪華ゲストの講演や対談、シンポジウムなど、ご来場のお客様にアニメーション文化への理解を深めつつ楽しんでいただくことのできる盛りだくさんの内容となっております。

2016年7月1日(金)ー 7月6日(水)

17歳。
自分に形があることと他人に温度があることを
薄ぼんやりわかりかけてくる真ん中あたり。
少女の無邪気な毒と微妙なずれを描きました。

2016年6月24日(金)ー 6月29日(水)

旅先での会話。読んだ本からの一節。
飲み屋で隣り合った酔客の巻いた管。
「ぐえっ口のなかで爆発しただ!」と漫画のセリフに
大笑いしてメモした小三の夏から、心を動かされた言葉を
ノートの一隅に書き留めては忘れてを重ね今に至る。
小さな走り書きから出発して、言葉と絵の断片を展示します。

【東京初個展のお知らせ】
梅林佳奈 個展『TAO』
開催期間:2016.7.4(月)−7.10(日)
時間:12:00 - 20:00
会場:OZspace
渋谷区桜丘町9-17 TOC第3ビル502


刻々と流れ 移ろいゆく四季とともに

羽織り まとう 衣。
結わえ 束ねる 髪。
自らをみつめ 愛でること。

この島国で生まれ育ち、
一体どんな景色をみてきたのだろう?

そんなあなたは とても たおやか。

次世代を担うクリエイターの国境を越えた活動の支援を目的に掲げるアートフェア
『UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA 2016』ジャンルを問わず
日本とアジア各国から180ブースへの出展作家を募集いたします。
会場には、審査員によるカンファレンスやポートフォリオレビューを予定。
また審査によって選ばれたグランプリ以下の受賞作家には、国内外での作品展示の機会が与えられます。

会期と日時
6/14(tue)ー 6/26(sun)
open 12-20pm (sunday12-17)
closed on mondays
◎Reception party 6/18(sat) 17-20pm

場所
L’illustre Galerie LE MONDE(ギャラリー・ルモンド)
150-0001東京都渋谷区神宮前6-32-5 ドルミ原宿201
Address: Shibuya-ku,jingumae 6-32-5 Dorumi-Harajyuku#201
Tel:03-6433-5699

人形作品を素材に様々なアプローチを試みる中
【 AN INVITATION NEW WOLD FROM SHIMANTOGAWAMOTOKO】
と名付けた展示では、「見る」ではなく「感じる」をテーマにしたインスタレーション形式で行われます。代官山のaquvii shopの一角に突如現れる空間。
其処にはどんな世界が広がるのか・・・それはアーティスト本人ですら分からない。
〜あなたが私たちの中に入り、私たちがあなたの中に入ることが出来たとき、新しい世界が生まれる〜

2016年7月8日(金)- 20日(水)11:00-19:00 毎週木曜休
http://blog.galleryspeakfor.com/?eid=705


ビヨンセやレディー・ガガ、ジェニファー・ロペス、ブリトニー・スピアーズなど、時代を彩るアーティスト、ファッション・アイコンたちの洗練されたビジュアルイメージづくりを手がけてきた、マーカス・クリンコ氏。国際的なハープ奏者としての活躍の後にフォトグラファーへ転向したという異色のキャリアですが、名スタイリストのイザベラ・ブロウ、元「インタビュー」誌のイングリッド・シシーらに重用され、セレブリティ・ポートレートの第一人者のひとりとして注目されるようになりました。

過去のインフォメーションを見る

  • イラストノート No38 読者プレゼント
  • 第17回 ノート展 結果発表
  • 第5回 ノート展キャラクター部門 結果発表
  • Creator's Value
  • イラストノート オンラインストア
  • 広告のお問合せ
  • 2D、3DCG、イラストレーションの制作 デジタル・ピクチャーズ
  • デザイン業界の求人サイト デザインノート仕事ステーション 全国のデザイン・広告業界と、クリエイターを結ぶ求人広告はこちら
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ