イラストノート No.39

最新号

イラストノート No.39

サルビア特集

イラストノート No.39

サルビアとは「古きよきをあたらしく」をテーマに
日本各地の伝統工芸や地場産業と手を結び、
今の暮らしに寄り添うものづくりを提案している活動体です。
活動開始から16年。サルビアの「今」に焦点をあててみました。


著者名: イラストノート編集部
発売日: 2016/7/25
判型: [ 縦 : 285mm ] [ 横 : 220mm ]
ページ数: 144
定価: 1, 800 円+税

-----------------------
掲載内容に一部誤りがありましたので、下記のとおり訂正してお詫び申し上げます。
●130ページ
中部:さかだちブックス
誤:https://www.facebook.com/
ZakkaStudioMerci

正:http://www.sakadachibooks.com
-----------------------

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

1_WALL

23
8月

ガーディアン・ガーデンでは、個展開催の権利をかけた公募展、第15回グラフィック「1_WALL」展を開催します。ポートフォリオ審査による一次審査と、一対一で審査員と対話をする二次審査を通過したファイナリスト 6名が、一人一壁面を使って作品を発表するグループ展です。会期中の10 月5 日(水)には、一般見学者にも公開される最終審査会を開催します。ファイナリストによるプレゼンテーションの後、審査員による議論を経て、グランプリが決定します。グランプリ受賞者には1年後の個展開催とパンフレット制作の権利が贈られます。

青山ブックセンター本店(東京・南青山)は、2016年8月5日(金)より、ブックフェア「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2016」を開催しています。

「いい本をもっとたくさんの人に知ってもらいたい!」という思いから、2005年より毎年夏に開催していたブックフェス「この本は本当にいい!」をパワーアップし、昨年の8月に4年ぶりに開催し、今年の夏も開催することになりました。

「この夏おすすめの1冊」をテーマに作家、編集者、翻訳家、絵本作家、美術家、建築家、写真家、学芸員、女優など様々な方に選んでいただきました。すべての本におすすめのコメント付です。

 この夏、読む本をお探しのお客様に、『検索ではたどりつかない本との出会い』のひと時を過ごしていただけるよう、是非、お店で書籍とコメントと合わせてご確認ください。

■開催期間:2016年8月5日(金)〜2016年9月末(予定) 
■開催場所:青山ブックセンター本店 
■営業時間:10時〜22時
■住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 B2 コスモス青山ガーデンフロア (B2F) 
■ブックフェア詳細ホームページ:http://www.aoyamabc.jp/news/31571/

2016年9月5日(月)〜9月10日(土)
MAYAでは2度目の個展です。
板にアクリルで描いた新作を中心に
過去の絵なども展示します。

個展やグループ展で作品を発表。
今年の5月には京都nowakiで個展。
最近の絵はtwitterにアップしています。
https://twitter.com/sano___

宇野亜喜良 下谷二助 ささめやゆき 寺門孝之 野村直子 網中いづる
東京展2016年9月12日(月)〜16日(金)11:00〜19:00
京都展2016年10月22(土)〜11月02日(水)
今回のテーマは謎です。謎という言葉、良きものも悪しきものも全てを呑み込んでしまうような包括的な響きはありますが、それが昇華され作品となって現れるとまったくもって別物の NAZO が見えてくるのです。予想のつかない展覧会、乞うご期待!

8月29日(月)〜9月10日(土)
11:00~19:00 土曜日は17:00まで 日曜休み

小さな木板にアクリルや油絵具をつかってキツネとオオカミを描きました。
絵本とは一味ちがった狐と狼の世界をどうぞ観に来てください。
※おれともシリーズ最新刊『いつだってともだち』の原画も同時展示。

降矢ななブログ「きつね女房日記」:http://nana-furiya.blogspot.sk/

2016年9月2日(金)- 14日(水)11:00-19:00 毎週木曜休


日常的な事物からマクロの経済事象まで、グラフィックデザインが関わり協業できる対象は多様であり、テリトリーは無限大とも言えます。そのスキームの優れた伸張性に着目し、斬新なデザインを送り出し続けているのが矢後氏です。大胆な構想スケールと緻密で美しいクラフツマンシップとを融合させる手腕は、現代アートの文脈にも近接しながら、ファッションブランドやショッピングビルなどの広告制作に活かされ賞賛を受けてきました。

そのデザインワークの一方で、彼は自己作品の創作と展示活動も活発に展開しています。植物由来である紙を森へ帰納させる「PAPER LEAF」シリーズや、生命誕生をテーマに創作ダンスを記録した「birth」シリーズ(写真家・百々新氏との共同制作)など、深いコンセプトを内包したアートワークを、時に優れたコラボレーターたちと息を合わせつつ、意欲的に発表し続けています。

第44回東京モーターサイクルショーを開催するにあたり、当協会では、第44回のテーマをもとに、ポスターデザインを募集します。最優秀作品は、当ショーの広告物・メインビジュアルとして、ポスター・チラシ・公式ホームページ、会場案内パンフ、会場サイン等に採用いたします。

この度、コニコとして約4年ぶりにブックギャラリーポポタムさんにて展示をします。本展では『Hour』と題し、それぞれの観点でイラストレーションの原画と、ポスターなどのグラフィックの展示をおこないます。

初日のオープニングイベントでは、詩人でデザイナーのウチダゴウさんと共に制作した、『灯台』という本の出版トークセッションを開催します。
詩とマンガで構成されたポエムコミックになります。

お時間ありましたらぜひいらしてください。

金沢美大卒のデザイナー達による、金沢の魅力を再発見する展示が浅草で開催!
金沢には魅力的な海山の幸、老舗菓子、伝統工芸品、観光地がたくさんあります。治部煮、加賀棒茶、加賀友禅、加賀水引、8番ラーメンなど。それらを「金沢ブランド」と名付け、金沢美術工芸大学出身のデザイナー8名がデザイン的視点で分析・解釈、再構築し、それぞれの得意分野でアウトプットします。見慣れた商品も、気がつかなかったブランドも、デザインの力でそのブランドの価値を深く知ってもらうことでガイドブックに載らない金沢の本当の魅力を伝えます。ディスカバー・金沢ブランド!

テキスタイルを広げれば、一瞬で気分があがる。
そんなカラフルで、心踊るようなテキスタイルを提案している鈴木マサル。
自身のブランドOTTAIPINUの立ち上げから12年。
本著では、自身のブランドほぼ全アイテムを収録。
デザインの考察をはじめアイデアスケッチなど制作の過程も垣間見える集大成の一冊です。

http://www.amazon.co.jp/dp/441661604X

過去のインフォメーションを見る

  • イラストレーター中村佑介さんに聞きたいこと大募集!
  • イラストノート No39 読者プレゼント
  • 第18回 ノート展 作品募集
  • 第6回 ノート展キャラクター部門 作品募集
  • クリエイティブシーズアワード(Creative Seeds Award)作品募集
  • Creator's Value
  • 広告のお問合せ
  • 2D、3DCG、イラストレーションの制作 デジタル・ピクチャーズ
  • デザイン業界の求人サイト デザインノート仕事ステーション 全国のデザイン・広告業界と、クリエイターを結ぶ求人広告はこちら
  • 逸品画材をとことん追求するサイト 画材図鑑
  • 公募展検索ポータルサイト「アート公募」
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • デザインノート
  • ベーシックインパクト

イラストノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ